女の人

女性が憧れる美白美人になろう|治療で美白が取り戻せる

白く美しい肌を目指す方に

案内

白美肌が人気のワケ

日本では昔から「色の白いは七難隠す」ということわざがあるほど、女性の美しさの要素として、白肌が貴ばれてきました。豊かな黒髪と白い肌、そして赤い唇は、全ての女性が目指す美の極致だったのです。現在では黒髪と赤い唇に対する意識のほうは変わりましたが、白肌を最上とする価値観は廃れるどころか、ますます堅固なものになってきています。時代によっては日に焼けた肌が流行ったころもありましたが、過度な紫外線を受け続けた肌は、年齢と共にシミ・シワ・きめの粗さが目立ち、老化も他の場合より激しいと分かってきました。そうなると、さらに日に焼かない肌・白さを保った肌を目指す女性が増加したのです。現在ではそこからさらに意識が進んで、美白治療により、ワンランク上の白肌を目指す女性も出てきています。この要望に応え、美容クリニックのほうでも様々な美白治療法を考案し用意しています。美白治療には主に外側からの治療と、内側からの治療の二種類があり、それぞれの症状に合わせた方法が使われます。外側の美白として挙げられるのは、各種レーザー照射です。これはシミ取りやほくろ取りの技術を応用したもので、短期間でかなりの効果が出せます。日焼けによる肌のくすみやシミといった汚れ、メラニンが取れ、全体的に明るい顔色になると人気です。内側の美白として挙げられるのは、漢方薬をはじめとした内服薬です。その他、ビタミンCなども効果があります。これらは街のドラッグストアなどでも簡単に手に入ることから、気軽に始められるので人気です。

気をつけたいポイント

身体の内側から美白をする治療法には、他にも点滴などが存在するのですが、これらにはプラセンタエキスが含まれている場合があります。現在日本では、プラセンタの注射をした人は献血が出来ません。献血で集められた血液から血液製剤などを作る場合の規定に抵触するからです。プラセンタ自体には別段害があるわけではないので、その点は安心して構いませんが、献血が出来なくなるということは知っておいた方が良いでしょう。その他にも内服薬で漢方を利用する場合、ヨクイニン(はとむぎ)エキス入りのものがよく使われますが、これも肌の調子や体質によっては症状が悪化する場合があります。手軽に購入出来るからと安易に服用せず、医師に必ず相談してから使ってみましょう。その他には、これまで紹介してきた美白治療は、もともと色の黒い方には残念ながら効果は期待出来ないということを知っておきましょう。と言うのも、これらはどの治療法も、皮膚の新陳代謝を促進する手法を利用したもので、シミやくすみを薄くする美白法だからです。色黒の人は生まれつき皮膚内のメラニン色素の量が人より多いことによって肌が黒いので、根本的に意味が違うということを理解しましょう。それでも色の黒い人にもシミやくすみがある場合、それを治療することはもちろん出来ますから、治療前と治療後では、やはり白さが違うはずです。色黒の人も効果がないからと全てを諦める必要は全くありません。積極的に自分に合った美白治療を取り入れて、美しい白肌を手に入れましょう。